100 CHALLENGE

  • 東急ハンズ×TRINUS ものづくり共創プラットフォーム「watote by TOKYU HANDS」開設協業:㈱東急ハンズ
    ㈱TRINUS

    当社を介し事業連携について検討をスタートした㈱東急ハンズと㈱TRINUSは、この度、日本のものづくりをサポートするためのウェブサイトである「watote」を開設致しました。「watote」は㈱TRINUSが持つプラットフォームを活かし、日本の職人が誇る素材・技術を活用した商品企画を世界中のクリエイターから集め、ユーザーによるフィードバックを経て実現するもので、商品化されたプロダクトは東急ハンズ店舗での販売が予定されております。当社は今後も様々な方と新しい価値を共創してまいります。
    https://www.tokyu-hands.co.jp/news/20190903release_watote_hp.pdf
    https://watote.trinus.jp/

  • Plug and Play 採択モビリティスタートアップの株式会社NearMeへプログラムを通じた出資、実証実験検討協業:Plug and Play Japan
    NearMe

    Plug and Play Japanのアクセラレーションプログラム”Batch2”の採択企業である株式会社NearMeへ当社オープンイノベーションプログラムを通じて出資を行いました。MaaS領域においてタクシーの相乗りやAIを活用したシャトルサービスなどを展開する同社と今後実証実験を行っていく予定です。

  • 起業家支援プログラム「FLAP」を大手町でも展開協業:㈱アプリコット・ベンチャーズ

    アプリコット・ベンチャーズが当社を通じてPlug and Play Shibuyaで取り組んでいた起業家向け支援プログラム「FLAP」へのサポートを拡充し、ビジネスエアポート東京でもスタートします。
    起業家のバックグラウンドが多様化する中で、大手町の金融・商社出身者とアドテクをはじめとする渋谷のスタートアップ精通者とつなぐコミュニティをつくり、渋谷でのイノベーションを加速させてまいります。
    https://thebridge.jp/2019/08/apricot-ventures-expands-flap-program

  • 当社本社での新サービス導入協業:㈱MyCity、㈱コードミー
      ㈱ニューロスペース、㈱600

    当社が新本社として移転した「渋谷ソラスタ」において、会議室等の利用状況可視化アプリ「My PLACE」(㈱MyCity)の活用、㈱コードミーによる目的に合わせたアロマ、眠りをデザインする㈱ニューロスペース監修の仮眠室、無人コンビニ(㈱600)を導入いたしました。今後もスタートアップの技術やアイデアを積極的に採用してまいります。
    https://www.tokyu-fudosan-hd.co.jp/news/pdf/1967.pdf

  • 「GUILD Jinnazaka」開業協業:㈱div

    当社はスタートアップ共創施設の6拠点目となる「GUILD Jinnanzaka」を開設致しました。㈱divが手掛けるプログラミング教室を開校し、エンジニア人材を養成するだけでなく、当社の関連施設をワークスペースとして提供する等の連携を図りながら事業の後押しをしてまいります。
    https://www.tokyu-land.co.jp/news/4d74fb8b91331c6a5be56398560da93d.pdf

  • スマートオフィスの取組み 神保町北東急ビル竣工協業:ACALL㈱

    当社が開発を行った「神保町北東急ビル」において、ACALL㈱との協業で、来訪者受付予約と本ビルのセキュリティを連動されるIoTサービス「ACALL(アコール)」を導入しました。
    ACALLの建物全体での導入は初の取組みであり、今後も同社のサービスを活用した連携を図ってまいります。
    https://www.tokyu-land.co.jp/news/0be1548ce50bc230be50376af60cf44e.pdf

  • 自由研究ラボ開催共催:㈱東急ハンズ
      京都大学総合博物館塩瀬隆之研究室
      滋賀大学教育学部加納圭研究室
      ㈱NHKエデュケーショナル
    協力:㈱NOVENINE、ユカイ工学㈱、㈱Hacksii、AMATELUS JAPAN㈱

    親子向けの自由研究ワークショップを渋谷のPlug and Play Shibuyaで開催しました。当社が関連するスタートアップ企業の方にご協力いただき、様々なサービスや商品に触れながら、「考えかた」「取り組みかた」を学ぶ子供達の姿はとても真剣で、盛況な会となりました。渋谷という街を舞台に子供達の未来を明るくするイベントを今後も定期開催してまいります。

  • 渋谷ハチ公前でのピッチイベント開催主催:東京青年会議所
    講演:渋谷区
    協力:㈱ジャパンベンチャーリサーチ

    当社は、GUILD Dougenzakaに入居する㈱ジャパンベンチャーリサーチにご協力いただき、当社が推薦するスタートアップや中学生起業家がプレゼンテーションする様子を配信いただきました。本イベントは当社が関係する方と一丸となった官民連携イベントであり、渋谷ハチ公前広場を舞台にスタートアップピッチイベントを開催しました。
    当社は渋谷をフィールドに今後も様々な方と新しい価値を共創してまいります。

  • 弁当配達のスターフェスティバルへプログラムを通じた出資、事業連携協業:スターフェスティバル㈱

    当社は法人向け弁当配達サービス「ごちクル」などを提供するスターフェスティバルにオープンイノベーションプログラムを通じて出資を行うとともに、同社が運営するフードデリバリーサービスを、当社が保有・管理するビルや入居テナントに対して展開することといたしました。これらの活動を皮切りに同社と継続的に連携を図ってまいります。

  • 2019年度学生ビジネスプラン発展プログラム協業:Plug and Play Japan 学生情報センター

    Plug and Play Japan・学生情報センターの協力のもと、学生を対象として、起業を視野にビジネスプランの発展を図る3ヶ月間のプログラムを実施しました。最終発表会では3名の学生が東急不動産関係者やVC各社の前でプレゼンを行い、優勝者にはBP(ベストプラン)賞としてPlug and Play Shibuyaの利用権が贈られました。

  • 都市における野菜栽培を実現するプランティオ(株)へプログラムを通じた出資協業:プランティオ(株)

    商業施設やオフィスビルの屋上や遊休施設等を活用し、都市における緑化や都市型コミュニテイの形成を進めるべく、エンターテインメント&コミュニティ野菜栽培を実現するプランティオ株式会社との、より密接な連携体制を整え、アクティビティを推進してまいります。

  • KVPのインキュベーションオフィス開設協業:KVP

    シードステージ特化型のベンチャーキャピタルであるKVPがインキュベーションオフィス「nest」をGUILD Dogenzakaの3Fに開設します。この場所を通じて起業家同士のコミュニティの形成やイベントスペースの提供をいただくサポートをしていくことで、スタートアップが産まれ育つ街としての渋谷を加速させていきます。

  • ユーザベースが仕掛ける起業家コミュニティスペースの開設協業:ユーザベース

    有力なメディアを持つユーザベースと協業しGUILD Dogenzakaの1Fにおいてスタートアップのコミュニティスぺース「Thinka」(進化)を開設します。「新しいビジネスモデルに挑戦し、日本経済を進化させる起業家コミュニティ」をコンセプトとして場づくりとその発信をしていきます。

  • GUILD Dogenzaka 開業協業:UB Ventures、Klab Venture Partners

    道玄坂一丁目に所在するビルをスタートアップやベンチャーキャピタルのためのオフィスとしてリノベーションし、GUILD Dogenzakaを開業しました。GUILD Aoyama、GUILD Shibuyaに続くシリーズ3施設目となる本施設は、様々なプレイヤーの交流を生み出すと共に、ベンチャーキャピタルにご協力いただきながらスタートアップの方が成長できる環境づくりをしていきます。

  • 商業店舗の売場スペースにおいてシェアリングサービスの実証実験を実施協業:(株)スペースエンジン

    店舗シェアリングサービス「SpaceEngine」の実証実験を銀座東急プラザとお台場デックス東京ビーチで開始しました。運営会社の株式会社スペースエンジンとは「Plug and Play Shibuya powered by 東急不動産」を通じて繋がり、実証実験の検討開始から約1ヶ月というスピードで実施に至りました。今年2月からは銀座東急プラザの4階に店舗を出店。社会実装に向けて進化を続けています。

  • ビル遊休スペースを活用したコミュニティ形成の実証実験を実施協業:プランティオ(株)

    IoTとAIの活用によりコミュニティと生産性を両立する新しい都市型農園(Urban Farming)の実現を目指すプランティオ㈱と協業し、当社が管理を行う恵比寿プライムスクエアの屋上を農園として開放することで、地域やテナントのコミュニテイ形成に向けた実証実験を行っています。

  • 「次世代を担う国内外のデジタルメディアの支援」VCファンドへのLP出資協業:(株)UB Ventures

    SPEEDAやNewsPicksを生み出してきたユーザベース社の経験と知見を活かし、次世代を担うスタートアップを応援すべく設立された(株)UB Venturesが設立したファンドへ出資。
    渋谷で生まれる新しいモノ・コトを世界へと発信すべく、協力体制を構築しました

  • Plug and Play Shibuyaが「東京都認定インキュベーション施設」に認定されました。

    東京都が都内開業率のさらなる向上に向けて実施する「インキュベーション施設運営計画認定事業」において、Plug and Play Shibuyaが基準を満たし、「東京都認定インキュベーション施設」に認定されました。

  • 優良スタートアップの渋谷への誘致入居支援:BizteX(株)

    当社がLP出資しているベンチャーキャピタルファンドからの出資先である優良スタートアップに対し、当社が渋谷で運営するオフィスビルの契約条件を一部柔軟に対応して提供。スタートアップの成長に合わせ、様々なオフィス環境を提供していきます。

  • 「日本・東南アジアを中心としたグローバルネットワーク活用」 VCファンドへのプログラムを通じたLP出資協業:(株)ジェネシアベンチャーズ

    GUILD Aoyamaにて協業しているVC:(株)ジェネシア・ベンチャーズが設立した2号ファンドに対し、プログラムを通じてLP出資を実行。
    日本だけでなく東南アジアにも拠点を置く同社との協業を通じ、渋谷発のグローバルスタートアップを目指す起業家のサポート環境を整えてまいります。